FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お買い物大作戦 不参加のお知らせ

長い間、ご無沙汰しておりました・・・

5月末日、実父が他界いたしました。
精神的、状況的、環境的な観点から、
8月のお買い物大作戦への参加を断念することにいたしました。
楽しみにしていたイベントなので、とても残念ですが、
不参加とさせていただきますことをお知らせいたします・・・

スタッフ様、楽しみにしてくださっていた方、大変申し訳ありません。
参加される皆様、この素晴らしい企画が大盛況でありますことを
心より祈っております。







3月に胃がんが見つかりました。
かなり進行していて、手術はできない状態まで進行していました。
家族には、父の命は、化学療法ができて効果が見られれば1年。
何もしなければ2~3か月と話されました。

父に余命のことははっきりとは言いませんでした。
化学療法の決断をするために、手術ができないほど進んでいるんだよ。
と言っても「あと7~8年くらいは生きられるだろう~?」なんて呑気なことを言っていました。
そう思うならそれでもいいかなと思いました。
それを否定したところで何の効果もないと思いました。

すでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、
私は総合病院の手術室看護師です。
毎日手術のお世話をしているのに、手術を受けられないなんて
なんて、情けないことか。どうしてもっと早く気づいてあげられなかったか。
そんな思いばかりが心を巡り何度も涙が出ました。

化学療法を受ける予定だったのですが、その前日に吐血。
止血をして様子を見ていましたが、再度吐血。
徐々に体力も衰え、化学療法さえできない状態に・・・
「今は、採血の結果も良くないのでもう少し様子を見て
状態が落ち着いてきたら予定量の半分からでもはじめてみましょう」
という主治医に対し、
父は、「いや、大丈夫だと思いますから半分だなんて言わないで
普通にやってください」と出にくくなった声で答えました。
忘れられない辛い場面です・・・

時折思い出すのは、私に見せた、力のない情けないような笑顔。
息を引き取るまで握っていた手と細く痩せた肩・・・

胃がんが見つかる数か月前から亡くなるまでのことを、
こうだったのかな?そうだったのかな?
と思うことばかり。






がんは、早く見つかれば治すことができるんです。
怖がらずにがん検診は是非受けてください。
ちょっと調子が悪かったら、気のせいだと思わずに
診察を受けてください。
皆様、ご自分含め、ご家族様にも・・・心からそう願います。





プロフィール

smomo

Author:smomo

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

Home Page

イベント合同サイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。